輝け!日野っ子委員会活動報告

輝け!日野っ子委員会活動報告

 

日野の子供たちが未来に向かって光り輝くためにはどうすれば良いか、
委員会に与えられたテーマを昨年12月からみんなで考えました。

子供が個性を発揮するためには子供自身が勇気をもって一歩踏み出すこと、
そしてまた、周りの大人たちが子供の気持ちに寄り添い
子供のやりたい事を制限せずに挑戦させてあげることが必要なのではないか、
というのが委員会の立てた計画です。

 

その計画に挑戦をすべく、私たち輝け!日野っ子委員会は
5月にはわんぱく相撲日野場所、9月には育ち合い講座を開催しました。

 

5月の第7回わんぱく相撲日野場所~輝け!日野っ子~では
日野煉瓦ホールの大ホールで多くの視線を集める舞台の上で、
一人の力で相手と向き合い、力いっぱい相撲を取ってくれました。
また、相撲という日本の伝統を通して相手を敬う気持ちや
約束を守るといった五つの徳目、仁義礼智信を伝えることができました。
わんぱく相撲日野場所に参加してくれた170名の子供たちは、土俵の上での相撲を通して、
自分の個性を発揮するための自信をつけてくれたことと思います。

第7回わんぱく相撲日野場所~輝け!日野っ子~

 

9月には『育ち合い講座~子供の個性を輝かせるために~』を開催しました。
こちらは大人に向けての事業でした。
子供の個性を輝かせるためには子供に共感すること。
子供に共感するためにはまず大人が自分自身に共感できていることが大切。
渋谷聡子さんをお迎えし、自分自身が大切にしている心の奥を見つめるワークを行いました。

育ち合い講座~子供の個性を輝かせるために~

輝け!日野っ子委員会はこの2つの例会を通して、
大人と子供が一緒になってみんながいきいきと暮らすことができる、
明るい未来に向かって歩んでいけるような希望を受け取ることができました。

私たちが行ってきた事業の答えはすぐに出るものではありません。
しかし、今年一年間、運動を通して関わってくれた皆さんの心に
少しでも個性を発揮するための心構えが芽生えてくれていると嬉しく思います。

2019年はまだ残っています。
最後まで輝け!日野っ子委員会は子供たちのためにできること
一つ一つ取り組みます。